600×300×360をリセット(その1)

600のリセット_20111019

こんばんは、お疲れ様です。

今日は、ここ神奈川でも結構寒いです。
バイク通勤も段々と辛くなって行く季節ですね…。

レッドビーシュリンプ/ビーシュリンプたちにとっては良い季節になりましたね!

わが家もそうですが、抱卵個体が増えてきたのではないでしょうか?

さて、先週末になりますが600×300×360を1本リセット致しました。
特に調子が悪い訳でもありませんでしたが、水槽全体が大分くたびれた姿になってきましたし、上位グレードの入っております水槽の殖えが緩やかになったり、他の水槽が殖えてきてしまったのでブリーディングの構成を少し変えようとリセットに着手致しました。

まずは元々入っていたエビを一生懸命掬いました。
親の個体は殆ど抜いておりましたが、稚エビの数がえらい事になっており、目を充血させならが掬いました…笑)

エビも掬い終わり、古いソイルを出してから水槽を綺麗に。
今回は「涙のリセット劇場」にならないように、しっかりと水槽を持ちました。

さてここからが、本題でしょうか。
洗った水槽をセットし、「アルティメットバクター」と「濃縮酵素」をパラパラ。

600のリセット_201110191

続いて、底面フィルターをセットして更に上記2品をパラパラ。

600のリセット_201110192

さて、次は拘り(笑)のソイルのセット方法です。

600のリセット_201110193

このように、ガラス蓋で手前を仕切ります。

600のリセット_201110194

そこに「無印ソイル」黒系の細目を底面フィルターが隠れるまで敷きます。

600のリセット_201110195

「無印ソイル」を敷き終わりましたら、再び「アルティメットバクター」と「濃縮酵素」と「ムックリワーク」をパラパラ。
リセット時に「ムックリワーク」をソイルの間に入れるのは今回で3回目となりますが、前回/前々回とも思ったより早く立ち上がり、しかも順調に殖えております。

1つの水槽は入れたメスは殆ど抱卵しており、狙った通りの仕上がりとなっております。
※前2回の水槽は外部フィルターを使い回しております。

さて、今回の立ち上げも上手に行きますでしょうか?
わが家のスタンダードな立ち上げ方ですので、今まで失敗はありません。ですのできっと今回も上手く行くと信じております…祈)

ここまで、かなり写真を載せておりますのでご覧になる方が重くなって見れませんといけないので、今回の記事はこの辺にしておきますね。
別件ですが、これから明日「ティアラ横浜店さん」に持って行くエビを掬います〜。
バンドが品切れとの事で、大変ご迷惑をお掛け致しておりましたが明日の夜に持って行きますので、週末には店頭に並びます。

お暇でしたら覗いてみて下さい。
よろしくお願い致します〜。

それでは!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
▲ブログランキングに参加しております。よろしければご協力お願い致します。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Shrimppin web site Shrimppin web site
Powered by WordPress | iFreeCellPhones.com has free cell phones for sale. | Thanks to PalmPreBlog.com, Video Game Music and Fat burning Furnace