Bee Shrimp Mineral GH+(ビーシュリンプ・ミネラルGH+)

Bee Shrimp Mineral GH+(ビーシュリンプ・ミネラルGH+)20121106

こんばんは〜。 最近めっきりと寒くなり、寝るときの布団が分厚くないと厳しくなってきましたね!

わが家のエビ部屋は数日前からエアコンを暖房に切り替えました。(今までは除湿でした) 温度設定は21℃にしてあります。

それと、最近はエビを移動させたくて一生懸命掬っておりますが、なかなか終わりませでした…。 本日ようやくその作業も終了。掬うエビも段々と小さくなり、本日は稚エビばっかり!もう目がショボショボです…(涙)

ここ最近はそんな感じで過ごしておりました。

さてさて、今日は水換えでした! 水換えと言えば添加剤!(強引?)

皆様はどんな添加剤をお使いでしょうか? 飼育スタイルにもよると思いますが、基本的に水換えを致しますので、水換え時にはミネラルを足すようにしております。(自分の体調などが悪く、水換えが辛い時は足し水です)

使用しておりますミネラルの添加剤は、「Bee Shrimp Mineral GH+(ビーシュリンプ・ミネラルGH+)」(ドイツ製)です。 このBee Shrimp Mineral GH+は淡水無脊椎動物に必要となる各種ミネラルや微量元素の欠乏を防ぎ、またろ過バクテリアを活性化させる働きにより水槽環境を状態良く安定させます。

pH、KHへの影響は少なく、かつGHを上げることができます。

使用目安は、容器の中に計量スプーンが付属しておりますので、そのスプーンを使用してROの場合は20Lに対してスプーン1杯です。

私は浄水器を使用しておりますので、レッドビーシュリンプ/ビーシュリンプの場合は、10Lに対してスプーン約1/3、ピントビーやシャドー、ブラックダイアの場合はスプーン約1/2を添加しております。

以下にわが家でのデータとなりますが浄水器の水、水道水に対しての添加データを載せておきますので、ご使用の際の目安にして下さい。

Bee Shrimp Mineral GH+(ビーシュリンプ・ミネラルGH+)201211061

1.Bee Shrimp Mineral GH+を浄水器の水で使用した場合

測定項目使用前の値使用後の値
GH47
TDS (ppm)85158
pH7.17.0
▲浄水器の水10Lに対して計量スプーン半分を添加

 Bee Shrimp Mineral GH+(ビーシュリンプ・ミネラルGH+)201211062

2.Bee Shrimp Mineral GH+を水道水で使用した場合

測定項目使用前の値使用後の値
GH46
TDS (ppm)90146
pH7.47.3
▲水道水水10Lに対して計量スプーン半分を添加

実際にご使用の場合は、それぞれ目標の水質になるように実際の数値を見ながら添加して下さい。

Bee Shrimp Mineral GH+(ビーシュリンプ・ミネラルGH+)201211063

レッドビーシュリンプ/ビーシュリンプ、シャドー等はもちろん、ブラックダイアもご覧の通り!調子が良さそうです!

ご興味がございましたら、是非使ってみてください!
よろしくお願い致します。


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
▲ブログランキングに参加しております。よろしければご協力お願い致します。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Shrimppin web site Shrimppin web site
Powered by WordPress | iFreeCellPhones.com has free cell phones for sale. | Thanks to PalmPreBlog.com, Video Game Music and Fat burning Furnace